オトノコの独り言

入園から一週間。オトノコ、元気に通園しています。
とてもおしゃべりなオトノコは、起きている間中何かしゃべっています。
今日、独り言の中にこんなことが聞こえてきました。
「先生、おはようございます。みなさん、おはようございます。」
「先生、さようなら。みなさん、さようなら。また明日。」
帰ってからも幼稚園のことを思い出しているのね。

それから、
「今日は幼稚園で泣いちゃったんだ。」っていうので、理由を聞くと、
「うんとね・・・。なんて言えばいいかなあ?(←ちょっと、大人っぽい?)
ブロックでたたいたり、首の後ろをぎゅって引っ張ったりする子がいたの。」と。
「それで、どうしたの?」
「すぐに泣き止んだよ。」だそうで。
園での様子、女の子はよくお話してくれるって言う話をよく聞きますが、うちは、男の子だけど今のところよく話してくれてます。

それから、
機嫌のいいときは、いつも♪かえるのうた♪と♪いぬのおまわりさん♪を口ずさんでいます。今、園で歌っているらしいです・・・。


カシオペアの丘で(上)

重松 清 / 講談社


ちょっとせつない「許し」をテーマにした作品。
学生時代のことを思い出したり、私にもある小さな「許し」について考えさせられました。
[PR]
by harukanashu | 2011-04-18 21:47 | コドモタチ