大河ドラマとか

オトノコ、すっかり回復しています。
ひどくならなくてよかったです。

そして、気がつけば、私、この3日間、全く外に出ていません。
基本、出不精の私ですが、こんなに外に出ていないのはいつ以来?
コドモタチにとってはなんとも寂しい冬休み最終日でした。


NHKの大河ドラマ、一年の長丁場なのと夜8時というゆっくりできない時間の放送のため
最近は見ていなかったのですが昨日は見てしまいました。
(確か、「竜馬伝」の初回も見たけど妙に曇った映像に入り込めなかったんだよな・・・。)
いやあ、心にずっしり入ってきましたよ~~。
とても豪華なキャストですね。
浅井長政役の時任三郎さんとお市の方の鈴木保奈美さん、素敵な夫婦でした。
歴史があまり得意ではない私ですが
(どうしてだろう?頭の中に描ききることができないのかな?
見たり読んだりして、なるほどと思ってもすぐに忘れてしまう・・・。)
今回は見てしまいそうです。

それから、今回の帰省の際に義妹からもらった

朗読者 (新潮文庫)

ベルンハルト シュリンク / 新潮社


難しかったよ。とのことでしたが、ドイツ文学、確かに難しい。
主人公の心の動きも、それが先の戦争やホロコーストまでつながっているとなると
平和ボケしてしまった私達には理解するのは簡単ではない。
でも、あとがきにもあるように2回、3回と読んだら見えてくるものがありそう。
もう一度読んでみよう。


そんなわけで、
愛する妻と子どもを残して死んでいった戦国時代の浅井長政、
ドイツの強制収容所に関係していた人たちのこと・・・などを考えて
とても切なく、むなしい気持ちになっているこの数日なのでした。


とはいえ、明日から学校が始まります。
気持ちを切り替えて、頑張りましょ。
[PR]
by harukanashu | 2011-01-10 22:21 | ヒトリゴト