誕生日調べ

サッカーオタクと化したオトノコ。
今日は、自分と同じ誕生日の選手がいないか探す作業をしてた・・・。
残念ながらオトノコと誕生日が同じ選手はいませんでしたが、私はいたよ。
香川真司。ちょっと嬉しい。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎


いわゆる胸キュンな作品。
ちょっとばかり設定に無理があるけれど、そこはおいといて。
野草料理のレシピも嬉しい。
2人の行く末にドキドキしつつ、いっぱいの自然とお料理も楽しむそんなお話です。
[PR]
by harukanashu | 2013-02-28 22:28 | ヒトリゴト | Comments(2)

子どもの記憶力

ウィイレの影響ですっかりヨーロッパサッカーのオタクとなったオトノコ。
チームはもちろん、選手の名前まで覚えてる。
メッシ、Cロナウド、エルシャラウィ、ファンペルシー、シャビ、シャビアロンソ、イニエスタ、ブスケツ・・・
ビックリするほどのカタカナ(笑)の名前を口にしている~~。
恐るべし、その記憶力。
英単語を覚えられないオネエサンに少し分けてあげたい。。。それは違う??


先日のビーンズポーチのキットにはこんなものが作れるおまけがついていました。
コースター。
a0159009_19355415.jpg

作る前はそれほどピンと来なかったのですが、作ってみたらかわいい。
量産開始です!
[PR]
by harukanashu | 2013-02-27 19:31 | handmade | Comments(2)

年度末~~

幼稚園から卒園式の案内が届いたり、小学校から役員の引継ぎの案内が届いたり、
にわかに年度末の雰囲気が漂ってきましたよ~~。



桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

朝井 リョウ / 集英社


朝井リョウさんが直木賞を受賞したから読んだわけではないです。
前から気になっていた本を読んだら作者が直木賞を受賞した方でした。
そういえば、新聞で直木賞受賞後に受賞の挨拶的な記事を読んだのですが、とても印象に残っていました。小学校の先生が毎日の日記に書いてくれるコメントが文章を書いていくきっかけになったと言うような。

さて、この小説ですがまさに瑞々しいという表現がぴったりで。
桐島くんを取り巻く高校生達の心が淡々と描写されていきます。
あ~~、今では遠くなってしまった高校時代を思い出すも・・・
あれ?そんな高校時代に自分の子どもがもう少しで足を踏み入れようとしている現実ーーーー!!
[PR]
by harukanashu | 2013-02-26 21:39 | ヒトリゴト | Comments(0)

梅の花

週末から続く強風…。
土埃で世界が茶色に染まっています。つくばの冬の風物詩。あぁ、また明日も雑巾片手に…(T_T)

こんな風の中、幼稚園は霞ヶ浦水郷公園へお別れ遠足に行きました。子ども達はとっても元気です。ジェットホイル号に乗ってかもめにエサをあげたそうです。ホッペをカサカサにして帰ってきましたよ。

例年になく寒い冬ですが、今年も清川から春の便りが届いています。
(実は一週間前だけど;^_^A寒いからお花も長持ち)
a0159009_21415046.jpg

子供部屋に置いたら次女が『いい匂い〜♡』と女子らしく喜んでくれました。
[PR]
by harukanashu | 2013-02-25 21:32 | ヒトリゴト | Comments(0)

a0159009_21534028.jpg

ちっちゃなちっちゃなボーイフレンドからもらっちゃった♡
幼稚園のお店屋さんごっこのフードコート担当で来る日も来る日もひたすら焼きそばを作り続けたって。
キャベツと紅ショウガもそれっぽい003.gif
餃子の包み方や焦げ目の感じも上手にできてる!

そのボーイフレンドとは、オトノコの親友です(*^^*)
[PR]
by harukanashu | 2013-02-21 21:44 | Comments(2)

ビーンズポーチ

幼稚園最後のサッカー教室。
それはそれは楽しみにしていたオトノコ。一点決めたよ〜って帰ってきました037.gif


polka dropsさんとsnappy lifeさんのコラボキット、ビーンズポーチ。
自分がポーチを使うかどうかの前に、作ってみたい‼ってだけでこんなに作ってしまいました。
a0159009_22151618.jpg

全部で4個。ニットの柔らかい質感のポーチです。
a0159009_22151713.jpg

2タイプのプリントデザイン。
a0159009_22151794.jpg

裏も可愛く053.gif
小さいパーツでできるのでハギレ処理にもよさそうです(*^^*)
[PR]
by harukanashu | 2013-02-20 22:06 | Comments(2)

オトノコの個人面談に行ってきました。
最終日の1番最後。
先生、お話が沢山あるのかしら〜?と思いながら行きましたが、結局のところほぼ『お店屋さんごっこ』(↓)のお話で終わり027.gif
ほんとに子ども達、頑張ったもんねー。企画の立ち上げ、創作の過程、子ども達主体でできるように先生が陰ながら導いてくださったとのこと。子ども達からは本当に様々な意見がドンドン出てくるのだけど、それを実際作るにはどうしたらいいのか?形にしていくのは色々と大変だったそう。でも、想像以上の出来栄えに子ども達は大満足、大人は感動をいただきました!

ところで、幼稚園恒例のお店屋さんのはずなのに、何故か『水族館』をやる!って譲らなかったんだって015.gif
先生方も何とか回避の方向で子ども達と話し合いを重ねたらしいんだけど。苦労覚悟で、水族館と遊べるスペースを作ることでまとまったそうですが…。
その出来栄えはご覧の通りです。

a0159009_21555887.jpg

a0159009_21555746.jpg

a0159009_21555821.jpg

[PR]
by harukanashu | 2013-02-19 21:36 | Comments(2)

1/2成人式

小学校の授業参観。
4年生は10才(テン才)ということで1/2成人式を。
次女はこれまでの10年を振り返った作文を発表しました。
親子ともに、いえ、特に親がかな?、必死で走り続けた10年間。
生まれた日はついこの間のようで、でもたくさんの日々が積み重なっていて。
いつの間にかこんなに大きく成長している。
素直に育ってくれてありがとう。
オネエサンと末っ子くんに挟まれているから、じっくりと向き合ってあげる時間が少なくてごめんね。

「10才の私」を彫った版画です。
なかなかいい雰囲気です。
a0159009_2236444.jpg




きいろいゾウ (小学館文庫)

西 加奈子 / 小学館


途中までは読み終えたら映画を見に行くぞって思って読んでいたけれど、
結局のところ、頭では理解できても心では理解できない、というのかな。。。
小説だけで充分。って気持ちになっちゃった。
[PR]
by harukanashu | 2013-02-15 22:35 | コドモタチ | Comments(6)

バレンタインの話

a0159009_21574374.jpg

上がオネエサンズの作品。
オネエサンがロッテのHPから見つけてきた生チョコケーキ。
といっても、作ったのはほぼ私。オネエサンズは型抜きとデコレーション。
学年末試験前じゃなかったら手は出さなかったんだけどね。
量が半端じゃないし、ラッピングも気を遣うしで結構大変。
そんなんで、私はもうバレンタインはいいかなって気になってたのだけど、
オネエサンズのを作ったときの生クリームが半端に冷蔵庫に残ってるなぁーーー。
スーパーで板チョコ66円で特売になってるなぁーーー。
ってことで、トリュフを作ってみた。

話はそれるけど、板チョコって少し前までは一枚70gだった気がするのですが、
気づいたら55gになってるぞ。
なんか、やられた!って感じ・・・。

それはさておき、トリュフを食べたオネエサン。
「これ、すごく美味しい。来年はこれにしよう!」だって。
今年もこれにしてくれたら苦労しなかったのに・・・(怒)



幼稚園のカラオケ大会。
今朝、何を歌ったらいいのかわからないから幼稚園行くのいやだなぁ・・・って言い出したオトノコ。
はぁ?何を面倒なことを言っておる?先生ったら妙な企画を考えて~~。
なんて思いながら送り出したら・・・。
みんなでCDと一緒にいろんな歌を歌ったようで、喜んで帰ってきました。
でも、「女々しくて」とかAKBとか、関ジャニとかだって。
いまどきの幼稚園生はこんなもの??


とんび (角川文庫)

重松 清 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


泣きました。
家事の合間に読んでたけど泣きました。夜一人でじっくりと読んでたらもっと泣いたと思う。
昭和の匂いのするまっすぐなお父さん。まわりの人みんなに育てられてまっすぐに成長していくアキラ。
今の時代に忘れているものがいっぱいつまっている様な。。。
[PR]
by harukanashu | 2013-02-14 21:57 | cooking | Comments(0)

読書の冬到来

そういえば、結構前にオトノコが
幼稚園の担任の先生がカラオケ大会をやりたいと言っている。
何を歌うか決めないと・・・。

ってなことを話していた気がするのですが。

今日、何故だか、「羞恥心」を熱唱しながら、
『明日、カラオケ大会なんだ~~。何を歌おうかな~~。』って考えてました。

あ~、そうか。幼稚園のこの時期の一大イベントであるお店屋さんごっこが終わったので
先生も一息ついたんだなぁ。。。わかりやすいなぁ。。。

ところで、このお店やさんごっご、年々エスカレート手が込んでいき、
今年はものすごいものができている模様。
来週の個人面談のときに見せてもらえるみたいなのでこちらでもUPしますね。




和菓子のアン (光文社文庫)

坂木 司 / 光文社


デパ地下の和菓子屋さんが舞台。個性的な店員さんたちが、和菓子を取り巻く深い洞察力を発揮して問題を解決していきます。和菓子の世界に「なるほど~~」と思うことも。和菓子食べたくなっちゃうよ^^

個人的に読書の冬到来です(笑)
今日も仕事の帰りに本屋さんに寄ってきました。
ちょっと前まではミステリー系を多く読んでいましたが、最近はほのぼの系?を求めているようで・・・。
以前、図書館で宮部みゆきさんの「模倣犯」を借りたのですが、大作過ぎて読みきれず、でもいつか読みたい・・・と思っていました。今日ちょっと割安の文庫本が出ていることに気づき、手に取ったのですが、手にとってしばらく悩んだのですが~~やっぱり今の気分は読んでほっこりしたい本!ということで。またいつかどうしても読みたくなったときに持ち越しました。
私の今の精神状況・・・癒しを求めている??
[PR]
by harukanashu | 2013-02-13 21:31 | コドモタチ | Comments(0)