永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)

百田 尚樹 / 講談社


評判通りの泣ける、考えさせられる本です。
先日の「世界一受けたい授業」で百田先生の本は一文が短いので読みやすい、と紹介されていましたがその通りでした。
私が知っている戦争は、実際の戦争の本の一面にしか過ぎず・・・。軍の上層部は自分の保身のために馬鹿げた作戦を行い、または中途半端な攻撃に終わる。そんなことは知らずに国のためにと命を落とした国民のことを思うと胸が締め付けられます。
[PR]
by harukanashu | 2013-06-24 17:33 | ヒトリゴト | Comments(0)