バレンタインの話

a0159009_21574374.jpg

上がオネエサンズの作品。
オネエサンがロッテのHPから見つけてきた生チョコケーキ。
といっても、作ったのはほぼ私。オネエサンズは型抜きとデコレーション。
学年末試験前じゃなかったら手は出さなかったんだけどね。
量が半端じゃないし、ラッピングも気を遣うしで結構大変。
そんなんで、私はもうバレンタインはいいかなって気になってたのだけど、
オネエサンズのを作ったときの生クリームが半端に冷蔵庫に残ってるなぁーーー。
スーパーで板チョコ66円で特売になってるなぁーーー。
ってことで、トリュフを作ってみた。

話はそれるけど、板チョコって少し前までは一枚70gだった気がするのですが、
気づいたら55gになってるぞ。
なんか、やられた!って感じ・・・。

それはさておき、トリュフを食べたオネエサン。
「これ、すごく美味しい。来年はこれにしよう!」だって。
今年もこれにしてくれたら苦労しなかったのに・・・(怒)



幼稚園のカラオケ大会。
今朝、何を歌ったらいいのかわからないから幼稚園行くのいやだなぁ・・・って言い出したオトノコ。
はぁ?何を面倒なことを言っておる?先生ったら妙な企画を考えて~~。
なんて思いながら送り出したら・・・。
みんなでCDと一緒にいろんな歌を歌ったようで、喜んで帰ってきました。
でも、「女々しくて」とかAKBとか、関ジャニとかだって。
いまどきの幼稚園生はこんなもの??


とんび (角川文庫)

重松 清 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


泣きました。
家事の合間に読んでたけど泣きました。夜一人でじっくりと読んでたらもっと泣いたと思う。
昭和の匂いのするまっすぐなお父さん。まわりの人みんなに育てられてまっすぐに成長していくアキラ。
今の時代に忘れているものがいっぱいつまっている様な。。。
[PR]
by harukanashu | 2013-02-14 21:57 | cooking | Comments(0)