前向きにね。

年末年始の運動不足によるものか、食べ過ぎによるものか、疲れによるものか・・・。
おそらく全てが原因と思われますが、体が重くて、動きが鈍い(涙)
こりゃあ、まずいということで、ラジオ体操をしっかりやったら、腰を痛めた(涙、涙)


昨日の天声人語より。

同じことを見聞きしても、人によってまるで違うとらえ方をする。そんな愉快な作り話がある。ある企業が発展途上の地に靴の輸出を計画し、市場調査のために社員2人を派遣した。1人は「まったく見込みがありません。住民は誰も靴を履きません」と報告してきた。
もう1人はこう言ってきた。「無限の見込みがあります。住民はまだ誰も靴を持っていません」。『笑いのこころユーモアのセンス』(岩波書店)から拝借・・・

私は後者でありたいな、とまた改めて。



ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

三上 延 / アスキーメディアワークス


ご近所のお友達の6年生のお嬢さまからお借りしました。
ゆったり、ほんわかな世界だけど、しっかりと推理小説。好きな雰囲気です。とても面白かったのですが、日々の生活に疲れてたのね、お布団に入って読み始めるとすぐに目が閉じてしまって、長いことお借りしてしまいました。すみません。そうこうしているうちに、第三巻が発売されちゃって…。
今度ドラマ化されるのですね。サッカーの内田選手も出るそうで、そこんとこ楽しみ♡
[PR]
by harukanashu | 2013-01-05 21:49 | ヒビ | Comments(0)