愉快なお客様

我が家のじいじ、いつでも前向きで交友関係も多岐にわたります。
今日は、とても楽しいお客様が見えました。

その方は、90歳を過ぎた東京に住むおじいちゃん。
お昼過ぎに突然大荷物を持ってタクシーで現れました。

その荷物。。。
新品の寸胴鍋に、重いキャリーバッグ。
中味は鶏肉、玉ねぎ、人参、ごぼう、もやし、などなどのたっぷりの野菜と油、塩、こしょう、酢、酒などの調味料。
バナナ2本とリンゴ一個。

なんでも、別のお友達からじいじが地震のあと元気をなくしているらしいと伝え聞いて、さらには、何故だか知らないけれどじいじは一人暮らしだと思い込んでいて、これは、自分がお鍋を作ってご馳走してあげなければと思ったのだそう。
野菜をそろえたあとに、鍋も必要だなと思ってわざわざ買いに行き、タクシーの運転手さんや駅員さんにつくばまでの行き方を尋ね、重い荷物を抱え、やってきたのでした。

そしたら、なんと!!一人暮らしのはずがチャイムを押したら若い(・・・そのおじいちゃんにとっては若い)女の人が出てきたではないか!!しかも小さい子どもまでいるぞ。
って、おじいちゃん、ちょっとしたパニック。
じいじを驚かせようと思って内緒で突撃してきたのに
すっかり、自分がビックリしちゃった!!

本当は作ってあげようと思っていた特製お鍋。
作ってくれる人がいるのなら大丈夫と、作り方をじいじに教え、びっくりしたままお帰りになりました。
ちなみにバナナとリンゴは鍋ができるまでの間に2人で食べようと思ったんだって。そんなところまで気がつくなんて。


なんだかね、こんな時期だけに
その行動力と、優しい気持ちと、ビックリさせてやろうっていうお茶目な行動。。。
愉快で、暖かい気持ちにさせてもらいました。
[PR]
Commented by らっきー at 2011-04-07 23:10 x
なんだかとってもいいお話♪
その人のことを思っても、迷惑?!なんて考えちゃうとやめっちゃったりして消滅しちゃうことも多い中、いろいろ考えて来てくれたおじいちゃまにこっちもうれしくなりました!
すてきなお話をありがとう!!
Commented by harukanashu at 2011-04-08 20:15
らっきーさん
ほんとにね、ひさびさにこのお話はみんなに教えたい!!って思ったよ。ぜひ、またお会いしたいけど、きっと会っても私のことは忘れてると思うわ。だけど、素敵なおじいちゃまでした。
by harukanashu | 2011-04-07 22:12 | ヒビ | Comments(2)