借りぐらしのアリエッティ

「借りぐらしのアリエッティ」、見てきました。
子ども会のお楽しみ会として企画したので60人ほどの子ども達と一緒に。
正直、(平日ということもあり)こんなにたくさん参加してくれるとは思っていなかったのですが
夏休みの終盤、みんな、時間を持てあましているのかしら?
みんなで一緒に見る映画もいいですよね。


引率を兼ねていたのでじっくりと、とはいきませんでしたが、
ジブリの映像と音楽、その世界を楽しんできました。
借りぐらしの人たちの生活の様子や狩りの様子が素敵に描かれていました。

ただ、この作品、物足りないとか盛り上がりに欠けるといった評価が結構あるんですね。
確かにそういう意見もわかるかな。
私にとっては、原作を読んだことによって、カバーできている部分もあるのかも。
借りぐらしの人たちのおかれる状況をもう少し詳しく描いていれば
登場人物の心の動きがもっとよくわかるような。。。
時間の制約もあって難しいのかもしれませんが。
それぞれの想像力にまかせられているのかな。

など、帰ってからずっと考えています。
アリエッティ一家の行く末を思いつつ、ますます原作の続編を読みたくなっています。


とはいえ、借りぐらしの様子(家の様子だったり、狩りの様子だったり)はよく描かれていました。
[PR]
by harukanashu | 2010-08-25 21:14 | ヒビ | Comments(0)