早くも梅雨の晴れ間

昨日はこれぞ梅雨入りって感じの空模様でした。
こんなにはっきり、誰もがそうよねって思う梅雨入りって最近なかったような。。。
でも、今日は早くも梅雨の晴れ間?さわやかな(暑いくらいの)一日です。
夜からまた降り出すようですが・・・。

こんな、日中は晴れて、夜降るってパターン主婦的にはいいですね。
洗濯物の心配がない。


読書記録

博士の愛した数式 (新潮文庫)

小川 洋子 / 新潮社



自分の経歴から言って、もっと早くに読んでおくべきだったのでしょうが、
今頃になってしまいました。
読書熱に火がつき、朝日新聞の日曜日の本の紹介コーナーを読むようになりまして。
そこで先日紹介されていました。
事故で記憶が80分しか持たない教授と主人公の家政婦、その息子のふれあい。
そんなに大きな起伏のない物語ですが、ひきこまれました。
[PR]
Commented by ayaya at 2010-06-16 11:42 x
今年の梅雨はどんな感じなんだろう。。。空梅雨だと嬉しいけど、それはそれで問題なんだよね。
さてさて、私も本よみました。とっても好きな本の一冊です。あと、小川洋子さんと数学者の藤原正彦さんの対談本のような世にも美しい数学入門ってあるんだけど、、、この博士の愛した数式の元になるのかなぁ~とっても楽しく数と遊べる本でした。これも大好きな本です。機会があれば。。。
Commented by harukanashu at 2010-06-16 22:01
ayayaさん
鬱陶しいなと思う梅雨も日本の季節の移ろいの中では大事なもので。。。カレンダーで学校などの予定を眺めると、あっという間に夏休みになりそうだから梅雨もバタバタしているうちにあっという間にあけてしまうのでしょうねえ・・・。
そうそう、この本の藤原先生によるあとがきも面白いのよね。小川洋子さんの取材力とか物語の着眼点とかすごいなあと思いました。
by harukanashu | 2010-06-15 14:59 | ヒトリゴト | Comments(2)